症状が出ない人もいます

容器に入っている錠剤

ヘルペスには口唇ヘルペスと性器ヘルペスの二種類が存在しています。
性器ヘルペスの特徴としては口唇ヘルペスと同じように患部に痛みや痒みのような事前症状が現れた後に水ぶくれが出来るという特徴がありますが、性器ヘルペスはその名称の通り、性器の周辺や局部に水ぶくれが出来るという特徴があります。
その為、口唇ヘルペスよりも強い痛みや不快感を感じる事もある為、痛みが現れ始めたら早い段階でバルトレックスなどの薬を用意し、水ぶくれが出来る前に服用する事で症状が現れるのを防ぐ必要があります。
そして最も注意しないといけない点として、自分ではなくパートナーが性器ヘルペスになった際、別の人と性的な関係を持っていたと最初に決めつけるのではなく、自分がきっかけでヘルペスになったのではないかを考える、という点です。
実はヘルペスというのは人によっては症状が出ない病気でもあるのです。

性器ヘルペスなどの症状を引き起こすヘルペスウィルスに感染している人の約6割が自覚症状がありません。
その為、ヘルペスになったからと言ってパートナーが別の人と性的な関係にあるという訳ではなく、もしかするとあなたが過去に関係を持った人がヘルペスウィルスを体内に保持しており、そのウィルスがあなたに感染したけれども自覚症状が無かった為気が付かず、そのまま今のパートナーに感染させてしまった、という可能性もあるのです。
その為、もしもパートナーからヘルペスになったと打ち明けられたら相手を責めるのではなく、一緒に病院に行き検査を受け、自分も感染しているかどうかなどを調べるようにしましょう。